HOME > 

岐阜県の事情を知っておく

岐阜県で賃貸のマンションやアパートを探す前に人口の分布や、これから探そうとする賃貸のマンションやアパートを取り扱っている不動産会社は岐阜県には一体どれくらいあるのかを見ていきましょう。岐阜県の人口は愛知県の県庁所在地である名古屋市の人口226万人よりも少ない206.5万人です。県庁所在地の岐阜市は日本の大都市等に関する3つの特例制度のひとつである政令指定都市の要件である”人口50万以上の市”には届かない41万人です。 しかしながら1995年に制定された中核市には、幾つかの都市と共に翌年の1996年に早速指定されています。一般の市から中核市に指定されることで、政令指定都市が処理出来るようになる事務のウチで都道府県が一体的に行なうものと考えられるもの以外が中核市の行なう事務として移管されます。大きな点としては保健所が設置されることになり保健衛生行政を請け負うようになります。これに加えて大きな事項としては民生行政や環境保全に都市計画のほか文化財の保護といったような行政分野について地方交付税が増額されることで、政令指定都市に準じた事務を行なうようになります。政令指定都市のように都道府県並みの権限や関与の特例が行政分野の大半ということはありませんが、一般の市と大都市との中間の役割を果たすことになります。

賃貸岐阜県の政令指定都市はなく中核市も岐阜市だけで、2番目に人口が多い都市は大垣市で16万人その次に各務原市の14.5万人、多治見市の11.1万人と続きそれ以降は桁が一つ減ります。岐阜県内にはこの様な代表的な都市を含めて21の市と19の町に2の村があります。また北部に日本で最も高い山脈の一つである3,000m級の飛騨山脈を持つ岐阜県は勢い南部に人口が集中しており、その濃尾平野は名古屋との地理的・文化的にも繋がりが深くなっています。 このような岐阜県内において賃貸のマンションやアパートを取り扱う不動産会社は県庁所在地で世帯数が16.2万世帯という岐阜市には19軒あります。これに次ぐ大きな都市であり、岐阜市の西に位置して世帯数が5.9万世帯という岐阜市の次に人口が多い大垣市には9軒あります。その次に人口が多い、岐阜市の東隣に位置して世帯数が5.2万世帯という各務原市には7軒あります。これ以外では人口がわずかに10万人に届かず3.5万世帯の可児市に6軒ある以外の市町村には不動産会社はどこも4軒以下です。つまり人口が10万人を超える多治見市には3軒しかないという見方も出来ます。

貴女が賃貸のマンションやアパートを借りる際に発生する支払いの他の項目としては、敷金・礼金などというものがありますがこれらはオーナーに全額渡るものです。また、家賃の多くは前払いとして1ヶ月ということや2ヶ月という事例が見られます。そしてオーナーとの間に仲介会社として不動産会社ということが殆どですから仲介手数料が法的には最大1ヶ月分掛かります。もっともオーナーとの交渉あるいは不動産会社自身がオーナーであった場合にはこの限りではなく、実際に仲介手州料がゼロということもあります。さらには保証人が居たとしても他に保証会社が必要になり、そこに支払う費用が発生します。保証人が不要という物件も見かけることがありますが、賃貸物件の契約時に連帯保証人をたてることが出来ない借り主を救済するための法人保証の制度が出来ました。やがてこれはアウトソーシング化し賃貸保証会社によって家賃滞納などの保証を行なうために必要だといわれるのが一般化しました。そして家賃と合わせて毎月支払う管理費は価格の比較上とても重要になりますし、場合によっては駐車場代も考慮の必要があります。

このページの先頭へ

HOME >